嵐バトン〜水族館デート編〜 | 星のカケラ

★CALENDER★
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
★出没暦★
★PROFILE★
★MY BLOG LIST★
★ARASHI PEOPLE★

★gremz★
★カウンター★
       
<< HEYX3 RANK-INベスト100スペシャル | main | ベストアーティスト2007 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
嵐バトン〜水族館デート編〜
8日・9日とカウコンの番組先行の電話が全く繋がらなかった為、
テンションが上がらないayaですけれどもorz
…まぁまだVシュランの番組先行と一般のプレイガイドが残ってますけどね。
全く電話が繋がってくれる気配がないんですよね(;-_-)=3

でも今日はベストアーティストがありますからね!
それまでには何とかしてテンション上げないと!!!

っという事で(?)ちょっとテンションを上げる為に
勝手に拾ってきた(←え)バトンをやりたいと思いまーす!
その名も


『嵐バトン〜水族館デート編〜』


いざッ、スタート!!!
1.今日はデートの日なんだぁ♪あなたの理想の待ち合わせは・・・?

A『(着信)あ、俺。今お前ンちの前にいる。』気分はお姫様♪
車で迎えに来てくれる松潤
B『ごめん待ったぁ?』駅で待ち合わせ☆なんかデートっぽくてイイ♪ リーダー

Aもイイけど、これはBかなぁ。
普通のデートって感じの方が好き。


2.水族館に到着!なんか入るの久しぶりかも。。。
あなたが入ろうとすると・・・?


A『ねぇ入り口で写真撮ろッ!ハイチーズ☆』
強引に2ショット撮っちゃいます相葉チャン
B『ハイ。』とニッコリ笑ってあなたの手をとるニノ

A!と言いたい所だけど、ここはBで。(←えー)
だってー、笑顔で手を繋がれた日には「きゅんラブ」とするじゃないですかー!
だからこれは相手がニノちゃんじゃなくてもBを取ります!!!


3.「うわぁ〜魚がいっぱい☆」中に入って興奮するあなたに・・・?

A『あたりめーじゃん!水族館なんだからッ笑』と笑いながら
あなたの頭をワシャ撫でる翔クン
B『なんかこの幻想的な雰囲気好きかも』
あなたの腰を抱き寄せながらゆっくり歩く松潤

これはねー、Aがイイです。
ま、実際私はこういう所であまりはしゃぐタイプではないですけど(^^;)


4.いろんな水槽をまわった後、触れ合いコーナーへ♪
おっかなびっくりなあなたの隣で・・・?


A『大丈夫だって☆ホラ、手、出してみ?』
とあなたに優しく話しかけてくれるニノ
B『すげ〜 ウニって・・・・・・イテッ!!!』
なんか隣で慌ててます笑 リーダー

えー…コレ、どっちも捨てがたい…(悩)
AはAで

私「コレ、本当に大丈夫?(怯)」
ニ「だぁいじょうぶだって!ホラ触ってみ?」

っていうやりとりが出来そうだし、
BはBで触れ合いコーナーで楽しそうにしてるキャプテンを
笑いながら見てるのもイイからなぁ…

んー…両方で!(←えー)


5.一通り見終えたためあなたが、おみやげコーナーに立ち寄ってると・・・?

A『それ、欲しいの?』あなたの背後からニョキっと顔を出す翔クン 顔が近いよッッ//
B『はい、あげる。』俺とお揃いね♪と言ってニカっと笑う相葉チャン 買うの早ッ!

おぅ。これも悩むなぁ…
これはB…かな。
サプライズ的なプレゼントって嬉しいし。しかもお揃い♪


6.外へ出るともう夕暮れ。でもまだ帰りたくないな〜
水族館からちょっと行った所に浜辺があるらしい!行ってみることに・・・


A『ごめん、俺が帰りたくなくて連れてきちゃったけど時間大丈夫だった?』
優しい心遣い♪リーダー
B『海キレーだなぁ☆絶対また来ような。』と言ってあなたにキス。
いきなりで超テレちゃった//松潤

これはAがイイですラブ
こういう心遣いはポイント高いっスよ!(←誰)


7.楽しかった時間もあっという間に過ぎ、お別れの時間。
「じゃあね」と言うあなたに・・・?


A『気をつけてね』と言って、ぎゅ。と抱きしめてくれました//ニノ
B『またね!今日はありがと☆』ちゅっとあなたのおでこにキス//相葉チャン

おおぅ…マキシマム悩むorz
「気をつけてね」ってぎゅっと抱きしめてくれた後に、
おでこにちゅーっていうのはダメですか?(真顔)


8.次にデートに誘われるのはドコの姫?

拾い物なので、やりたい方が居ましたらご自由にどうぞ☆
| バトンなど | 12:23 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:23 | - | - |
コメント
コメントする